渋川市「きみはいい子」上映会が大成功!!

以前紹介した映画「きみはいい子」の渋川上映会が7月9日(土曜日)に大成功で幕を閉じました。

渋川市民会館の大ホールに1,100人以上の方々にご来場いただき、映画終了後は拍手喝采でした。本当にありがとうございました。

今回の上映会は、子育てや教育に関心を持っている多くの市民の方、市民グループ、行政の方々の地域を変えていきたい!という思いから始まった上映運動でした。

現在の日本では子どもの6人に一人が貧困だと言われています。学校給食だけが唯一の子供や10代の頃からホームレス生活をする子供も多いそうです。また、子供への虐待のニュースも後を絶ちません。

子供たちへのそんな暗いニュースが多い中、渋川を子供たちの住みやすい子どもたちに優しい町にしようと実行委員会の方々が一生懸命運動して多くの方々が映画を鑑賞してくださいました。

そして終了後は拍手喝采でフロアには凄い数の人たちが口々に映画の感想や自分達の考えを語り合っていて本当に大成功と思えるような素晴らしい上映会になりまた!

貧困、虐待、ネグレクト、教育、いじめ、高齢化社会。この様な社会問題を地域の方たちが考え少しでもより良い地域にするために運動を起こすことはとても素晴らしいことだと思います。

群馬県で「きみはいい子」の上映会は今回の渋川市が最初でしたが、素晴らしい上映会になりました。

この様な問題に真剣に取り組みたい考えのある方は、ぜひ映画「きみはいい子」の上映会をご検討ください。

最新情報
過去の最新情報
月別記事
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square